林晶彦

17歳で渡仏。作曲・ピアノを学ぶ。のちにヨーロッパ・中近東・などを遊学しながら、独自の音楽を追求。帰国後、1989年KI芸術祭でデビュー。1991年ニューヨーク国連主催の平和の瞑想会場でピアノソロ演奏、1993年イスラエルフィルハーモニーオーケストラのコンサートマスター「メナヘム・ブラアー氏」との国内ツアーは大好評を得る。2005年ブルガリア国立ソフィア管弦楽団により「La Strada ~道~」が演奏される。奈良東大寺の依頼により、「つくられたものすべての賛歌」が大仏殿内において関西フィルハーモニー管弦楽団により演奏される。また、高槻合唱連盟の委嘱作品として「光と生命のシンフォニー」を作曲。自然や平和をテーマにしたピアノソロコンサートや絵画からインスピレーションを得て作曲したものを美術館で演奏する機会も多い。

詳細情報

誕生日 1955年6月11日
活動期間・デビュー時期 1989年ツトムヤマシタプロデュースKI国際芸術祭デビュー 音楽活動30年
性別 男性
出身地 兵庫県
職業 作曲家
担当パート ピアノ
所属事務所・レーベル アヌパモ企画
公式ウェブサイト http://anupamo.net
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
購読する
通知する
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
詳細な条件から検索
イベントを探す
開催地
ジャンル
開催日・月
チケットの中心価格帯
シュチュエーション
内容の難易度
服装
アーティストを探す
ジャンル
会場・ホールを探す
会場カテゴリー
都道府県
キャパシティ(スタンディング)
キャパシティ(着席)
使用料目安(1時間当たり)
目次