THE DOOR TO DOOM TOUR JAPAN 2019

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
読み込み中...


LINEで送る
Pocket

Candlemass Line Up:
Leif Edling (Bass)レイフ・エドリング/Johan Längquist (Vocal)ヨハン・ラングクイスト/Lars Johansson (Guitar)ラーズ・ヨハンソン/Mappe Björkman (Guitar)マッペ・ビョークマン/Jan Lundh (Drums)ヤン・リンドー

公演日 2019.11.13 (水)
会場 渋谷クラブクアトロ
開場/開演 18:00 / 19:00
料金 前売 ¥7,500
ドリンク D別 ※当日入場時にドリンク代¥600いただきます
一般発売日 2019.05.25 (土)
チケット販売 e+チケットぴあローソンチケット
お問い合せ 渋谷クラブクアトロ TEL:03-3477-8750

Biography:
1984 年にレイフ・エドリング(B)を中心に結成。レイフに加え、ヨハン・ラングクイスト(Vo)、クラス・ベルグウォール(G)、マッペ・ビョークマン(G)、マッツ・エクストローム(Ds)という布陣にてデビュー・アルバムを制作、1986 年に『EPICUS DOOMICUS METALLICUS』を発表する。翌 1987 年にはニュー・シンガーとしてメサイア・マーコリンを迎え、さらにラーズ・ヨハンソン(G)とヤン・リンドー(Ds)という新メンバーを加え 2nd アルバム『NIGHTFALL』を発表。この布陣にて『ANCIENT DREAMS』(1988 年)、『TALES OF CREATION』(1989 年)といったスタジオ・アルバムと、ライヴ・アルバムをリリースするが、ここでメサイアは脱退。バンドは後任シンガーに元 TALK OF THE TOWN のトーマス・ヴィクストロムを迎えてアルバム『CHAPTER IV』を 1992 年にリリースする。1997 年頃、レイフはメンバーを一新してバンドを再結成。ARCH ENEMY のマイケル・アモットをゲストに迎えたアルバム『DACTYLIS GLOMERATA』を発表。そして翌年にも『FROM THE 13TH SUN』を発表するが、
2002 年にメサイア・マーコリンを含む往年のメンバーが再集結。ツアーを行い、この模様はライヴ・アルバムとしてリリースされ、2004 年に入ると正式に再結成を果たす。復活作となった『CANDLEMASS』は 2005 年に発表され話題を呼んだが、その後メサイアは再脱退。後任に元 SOLITUDE AETURNUS のロバート・ロウを迎えたバンドは、『KING OF THE GREY ISLANDS』(2007 年)、『DEATH MAGIC DOOM』(2009 年)等を発表。2011年に入るとレーベルを Napalm Records に移籍し、2012 年に『PSALM FOR THE DEAD』を発表する。バンドはこのアルバムを最後と考えていたものの、ヴォーカリストにマッツ・レヴィンを迎えて活動を継続。2016 年に EP『DEATH THY LOVER』を発表し、この年のラウドパークで遂に初来日も果たす。2018 年にも EP『HOUSE OF DOOM』を発表するが、直後にマッツが脱退し、バンドは後任にオリジナル・シンガーのヨハン・ラングクイストが電撃復帰。久しぶりのオリジナル・スタジオ・アルバム『THE DOOR TO DOOM』を発表する。

  • : 2019/11/13 19:00
  • : 渋谷クラブクアトロ
  • : 東京都渋谷区宇田川町 32-13 4・5F
  • : CLUB QUATTRO
  • : 7500
  • : 7,000円~7,999円
お問い合わせの際は「聴きこむを見た」とお伝えください

ライブやコンサートなどエンタメの口コミサイト「聴きこむ」

口コミする

コメントするには ログイン してください
  購読  
次を通知