ODISHA JAPAN FESTIVAL 2019 出演アーティスト第二弾発表!

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
Loading...


LINEで送る
Pocket

【ODISHA JAPAN FESTIVAL2019出演アーティスト第二弾発表!!】 ★INDIA ARTIST
『BIG DEAL』
ベンガル湾沿いの聖地プリーで、「外見が異なることをからかわれたこともあった」という子ども時代。英語スクールに通っていた13歳の頃に出合ったのが米国の人気ラッパー、エミネムさんの音楽だった。自身の生い立ちを赤裸々に歌うラップは、悩みや苦しみを抱える思春期の少年の心に響いた。「ラップで自分の感情を表現したい」。夢中で曲を聴きまくり、リズムや韻の合わせ方を独学で覚え、曲作りに没頭する日々を送った。

16年にインドのエンターテインメント関連企業主催のコンテストでベスト・ヒップホップ・アーティスト賞を射止め、一躍名を広めた。「国内で5本の指に入る」「若い頃のエミネムを思わせる世界的スケールのアーティスト」などと高い評価を受ける。

アルバムは「ONE KID WITH A DREAM」というタイトルで、自身の28年の人生を7曲に凝縮。「好きなことを追求し続け、苦境を乗り越えられれば、そこに満足できる何かが必ずある」と、子どもたちへのメッセージを込めた。インドで社会問題となっている差別にもアプローチした。収録曲のミュージックビデオはユーチューブ再生回数が14万回を超える。

I announce the ODISHA JAPAN FESTIVAL2019 appearance artist second!] 】 ★INDIA ARTIST
“BID DEAL”
The child era “that it has been made fun of in sacred place puri along Bay of Bengal appearance being different.” It was an American popularity rapper, music of Eminem that met in the days of 13 years old that ran the English school. The rap to sing breeding of own in openly affected the heart of a pubertal boy with a trouble and pains. “I want to express one’s feelings in a lap”. I rolled it up to listen to music absorbedly and learned laying upon of rhythm and the rhyme by self-education and sent days to be devoted to the making of music.

I shot best hip-hop artist Prize dead by an entertainment-related contest of India hosted by a company for 16 years and spread the name at a bound. I receive a high evaluation with “the artists of the global scale to hark back to Eminem of the youth” “five best in the country”. The album condenses the life of 28 years of own to seven pieces with a title called “ONE KID WITH A DREAM”. When “there was something which I could be satisfied with there by all means if I continued pursuing a favorite thing, and a difficult situation was got over ,” I loaded it with the message to children. I approached the discrimination that became the social problem in India. As for the music video of the collecting music, the YouTube reproduction number of times exceeds 140,000 times.

お問い合わせの際は「聴きこむを見た」とお伝えください

ライブやコンサートなどエンタメの口コミサイト「聴きこむ」

口コミする

コメントするには ログイン してください
  購読  
次を通知