サマーソニック2018 現地レポート ENDRECHERI エンドリケリ


LINEで送る
Pocket

初ENDRECHERI体験

「ジャニーズがFUNKをやるって、面白いかなって」
そんなことを以前雑誌のインタビューで話していた堂本剛さん。私を含めたサマーソニックのMOUNTAIN STAGEに集った多くの一見さんが、それを聞いたらこんなことを言いたくなるでしょう。
「いやいや、そんな気持ちでやれるレベルの演奏じゃないです…」

SONIC STAGEでのSKY-HIのステージでタテにbounceした身体に、ヨコのgrooveで揺さぶりをかけてもらいたくて向かった昼のMOUNTAIN STAGE。
在り来たりなライヴレポートならセットリストを並べたりするべきなのでしょうが、彼らのファンの方々はご存知の通り、そんなことはENDRECHERIのLIVEには全く相応しくないでしょう。

コーラス、ホーンを含めた10人を優に超える日本有数の腕利きミュージシャンの中央で歌い、踊りながらgrooveの宇宙を漂うその姿。最高だったのはロングセッション中に後ろを向き、バンドにキメの回数を指示するシーン。高く上げた手をスーッと右から中央に持っていく、スクリーンに映されるそれだけの所作に漂う色気、艶やかさ。それを何十回も繰り返す。いつ終わると知れない性的運動のメタファー。途中かけていたサングラスをズラしてカメラに目を向けると湧き上がる悲鳴のような大歓声。
その後ついにサングラスを外し、さあこれからだ、とばかりにSLY&THE FAMILY STONEやプリンスを思わせる真っ白なSGシェイプのギターから繰り出すフレーズは快楽に溢れ、フロアの熱は成層圏へ。宇宙に突き抜けさせた瞬間、「ありがとうございやした〜」と小さくマイクに囁きあまりに淡々と去っていく。

音楽に正解などない、ただやりたいようにやって勝手に受け取ればいい。
そっちが任せてくれれば気持ち良くさせてやるぜ?
そんな当たり前なことを思い知らされた初ENDRECHERI体験でした。

聴きこむ編集部ライター 吉田昂平: 大学で映画評論を専攻。映画、音楽、サッカー、野球に情熱を燃やす。バンドでベースとギター経験もある、弾けるライター。

コメントを残す

コメントするには ログイン してください
avatar
写真の投稿
 
 
 
動画・音声の投稿
 
 
 
  購読  
次を通知