フジロック2018 現地レポート ケンドリック・ラマー



LINEで送る
Pocket

I got DNA.

ケンドリック・ラマーのステージを観ました。圧倒的。本当に圧倒的。

台風による雨が強く降りつけるグリーン・ステージ。グリーン・ステージの広大なスペースを埋め尽くす観客のテンションは最高潮。至る所で叫び声が。

今回はよりストイックにストーリーを紡いでいく、DAMN.セット。

暗転して、スクリーンに映し出されたのはお馴染み「カンフー・ケニー」。ケンドリック扮する武道家が型をキメていきます。映像が終わり登場したケンドリック・ラマー。膝をつき、一瞬の間を置いて始まったのは『DNA.』
「I got!! I got!!I got!!I got!!」
それからはもう、ただただ圧倒されるばかりでした。スキル、インテリジェンス、フィジカル。飛び跳ね、叫ぶ観客。強くなる雨など感じてもいない。そこにケンドリックがいる、私たちがいる。それがすべてでした。

『xxx.』『HUMBLE.』『Alright』『Bitch don’t kill my vibe』。
日本に合わせてか、トラックを抜き合唱を求めるシーンを少なくして、世界観をストイックに表現していきます。このバランス感覚、嗅覚の鋭さ。バックバンドのクオリティーも完璧でした。

ラスト、アンコールに応えて始まったのは『All the stars』。
「愛についての話をしよう」
「今宵、すべての星は近づいている」

それは大雨の中で集い最後まで叫び踊る私たちと、ケンドリックの歌でした。

吉田昂平



Leave a Reply

Please Login to comment
  Subscribe  
更新通知を受け取る »