フジロック2018 現地レポート D.A.N.


LINEで送る
Pocket

グルーヴ、ミニマリズムの陶酔

曇り空が広がり妖しい雰囲気になってきた苗場。D.A.N.には御誂え向きです。

メンバー3人を大歓声で迎えるオーディエンス。「踊れるスペースに行かなきゃ!」と、オネエちゃんが筆者の横を走り抜けます。
最新アルバム『Sonatine』収録『Sundance』のウェザー・リポートを思わせるリズムで、ライヴはスタートしました。

キーボードとギターを持ち替えながらファルセットを響かせるヴォーカル、ループ・パターンを繊細なニュアンスで変化をつけるドラム、そして指とピックを自在にあやつりストイックにグルーヴさせるベース。少ない音数、グルーヴで踊らせる。おそらく全ての楽器を弾く人が「こんな音楽をやってみたい!」と思うのではないでしょうか。

ラスト、華やかな『chance』が始まると、それを祝福するかのように夕焼けが美しく現れました。全てがこの瞬間のためにあるような、祝祭の音楽でした。

 

聴きこむ編集部ライター 吉田昂平: 大学で映画評論を専攻。映画、音楽、サッカー、野球に情熱を燃やす。バンドでベースとギター経験もある、弾けるライター。

口コミする

ログイン せずにコメントも可能です(投稿名とメールアドレスは必須ではありません)
  購読  
次を通知