JAZZ AUDITORIAに行ってみた!


LINEで送る
Pocket

今回、編集部がお邪魔したのはゴールデンウィークの一大ジャズイベント JAZZ AUDITORIA。

より身近に、より気軽に。音楽を愛する人々が、家族や仲間とともにライヴ・ミュージックを楽しむ。ジャズを通じて、世界の文化に触れる場を作りたい。

そんな願いを込めて、ブルーノート東京が神田淡路町にある複合施設「ワテラス(WATERRAS)」内の広場にて、 入場無料のジャズ・イベント“ JAZZ AUDITORIA 2018 in WATERRAS(ジャズ・オーディトリア 2018 イン ワテラス)”を開催しました。

今年はワテラス5周年を記念して、2018年4月27日(金)、28日(土)、29日(日)、30日(月・祝)の4日間に渡る開催。

その中で編集部が訪れたのは4月29日に開催されたブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラを聴きこんできました。

写真を見てもおわかりの通りすごい人でした!!

ジャズフェスってどんな感じなのかあまり想像できませんでしたが、とても大人な雰囲気。ジャズの雰囲気はやはりフェスでも感じます。

ジャズオーケストラってなかなか聞く機会がないんですよね。だからとても楽しみでした。

しかもリーダーはエリック・ミヤシロさん!!子供の頃からご活躍のジャズトランペッターを生で、しかも無料で聴けるのは本当にお得!!

ブルーノート東京オールスターというだけに素晴らしいメンバーばかり。もう最初の音から震えがきました。

エリック・ミヤシロさんのハイトーンは相変わらず素晴らしい!

全く衰えを感じさせません。

学生の頃、トランペットをやっていたスタッフは「なんであんな高い音が出るんだろう?」といつも不思議です。

もちろんマイクで音を拾っているのですが、生音もきっと大きいのだろうなと感じさせる大迫力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんみんなが一体になるステージでした!

ジャズも日本ではまだ少し”敷居が高い”感じのするジャンルですね。でもこういった気軽に無料で楽しめるイベントは裾野を広げる意味でも素晴らしい企画だと思います。

また、これまでジャズを聴いたことがない方々もぜひ行楽気分で本物のジャズをお楽しみ頂きたいと思いました。本物を聴けばきっとジャズを好きになります!

 

 

 

 

 

実はジャズライブは至る所で開かれています。ブルーノート東京をはじめ、食事やお酒を楽しみながらライブを楽しめるところもたくさんあります。

聴きこむにもイベント情報が投稿されているのでぜひチェックして見てくださいね!

photo by Tsuneo Koga

聴きこむ編集部

口コミする

ログイン せずにコメントも可能です(投稿名とメールアドレスは必須ではありません)
  購読  
次を通知