聴きこむ編集部あきのラフォルジュルネに行ってみた

コンサートって意外と行く時に勇気が要りませんか?

自分が行ったことがないジャンルだと

どういう雰囲気なのか?

どんな格好で行ったらいいのか?

マナーはあるのか?

いろいろと不安だったりしますよね。

そんな不安を解消するのも聴きこむ

今回はスタッフがレポートしてきました♪


今回行ってきたのは、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017「ラ・ダンス 舞曲の祭典」。

今やゴールデンウィークの風物詩となった音楽祭です。

クラシックファンもそうでない方も安価でたくさんのコンサートが聴けるのが魅力。

いつも人が多い有楽町ですが、

ゴールデンウィークは特にすごい人だかりです!

ということでピックアップインタビューでも出てきましたスタッフのリオです。

今回はナビゲーターのあきちゃんと駅で待ち合わせ。

リオ「国際フォーラム口でね」

あき「中央口に出ました」

なんでだよ!!

目次

最初から出たか天然!!

仕方なく中央口へ行くとおにぎりを食べる女子が・・・。

「あー、すみません、中央口しかわからなかったんです!

 しかも午前中仕事だったから朝から何も食べてなくて・・・」

はいはい。いいですよ。今日はリポートよろしくお願いしますね。

おにぎりを食べ終わるのを待つリオ。これがゆとり世代のマイペースというやつなのか?w

・・・

「まずどこ行きます??」

よし、とりあえず国際フォーラムに向かおうか。

・・・

あれ?なんか聞こえてくるね。

「あそこでやってますよ♬」

ほんとだ。行ってみよう!

ということで交通会館一階の広場へ。

クラリネット四重奏が公開リハをしていました。

すでにお客さんが何人もベンチに座っています。

コンサートも無料、

リハももちろん無料。

こういう場所で見ず知らずの人に気軽に聞いてもらえるのも

この音楽祭の魅力ですね。

しばし聞き入るあきちゃん。

「私、ラフォルジュルネ初めて来ましたけど本当に身近に聞けるイベントなんですね♬」

たしかに。

こんなにふらっと生の音が流れてくる環境って日本ではなかなかないですね。

さて、ちょっと歩いて仕切り直し!!

来ました! 有楽町駅国際フォーラム口!!

ここだよ、あきちゃん!!

「あー、ほんとだーw」

横断歩道を渡ったらすぐに国際フォーラムです。

普段は国際フォーラムが一日中こんなに人がいることなんてないでしょうね。

もちろん別の目的の人もいるんでしょうが、

多くはラフォルジュルネなんですかねー。

「友達に聞いたら、日本で演奏を聴くってことに特化した音楽祭ってここぐらいらしいですよ。

他はみんなマスタークラス*も重視してるみたいで」

あー、なるほど。音楽祭って大体はマスタークラスがくっついてるもんね。

*マスタークラス=第一線で活躍する音楽家などが生徒を指導する場を聴衆が見ることができる、「公開レッスン」のようなもの。

年ごとにテーマがあるようです。

今年はダンス(舞曲)。

踊りかー。社交ダンスやりたいなー。

「え、リオさん踊れそうじゃないですか」

昔ちょっと習ったけど忘れちゃったなー。

「習ったことあるってのがさすがですねw」

看板の前では多くの人が写真撮影してました。

私たちも少し順番を待って撮影。

さあ!

いざ演奏会場へ!

いっぱい人がいる感じを写真撮ろうとしてると受付のお姉さんが

「そちらの階段もよくモデルさんの写真撮影で使われていますのでいかがですか?」

え?そんなこと教えてくれるんだw

確かに国際フォーラムって写真撮影が多いらしいです。

1 2
よかったらシェアしてね!
購読する
通知する
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
詳細な条件から検索
イベントを探す
開催地
ジャンル
開催日・月
チケットの中心価格帯
シュチュエーション
内容の難易度
服装
アーティストを探す
ジャンル
会場・ホールを探す
会場カテゴリー
都道府県
キャパシティ(スタンディング)
キャパシティ(着席)
使用料目安(1時間当たり)
目次
閉じる