潮風吹くハシエンダ Half Mile Beach Club『Be Built, Then Lost』

LINEで送る
Pocket

Half Mile Beach ClubのNew Album『Be Built, Then Lost』がP-VINE RECORDSからリリースされました。

Half Mile Beach Clubの『Be Built, Then Lost』をApple Musicで聴く

「何もかも儚い」グルーヴと夜の湿気をたっぷり含んだ気だるいヴォーカルが素晴らしい『Nite Revue』、ギターとベースが艶かしく絡み合う『Blue Moon』。

迷いこんだ森でトリップするような、感覚的映像的イマジネーション豊かなベスト・トラック『Baobab』、女性ゲストヴォーカルを迎え優しく揺れるラストの『in the Windy City』。

前作『Hasta La Vista』、それ以前からのスタイルを自然体で継続してアップデート。研ぎ澄まされたグルーヴで踊らせ、エフェクティヴなギターとヴォーカル、サンプリングを駆使したサウンドアレンジで彩ります。

バンド名を冠した逗子で開催されているパーティーのオーガナイザーとしても知られているHalf Mile Beach Club。

海岸すぐ近くの民家を改築したような風情あるスペースCINEMA AMIGOで映画の上映(開催季節によってはライトアップされた野外での上映も)、それに合わせてセレクトされたアーティストによるアコースティックライヴ、DJを楽しめるパーティーは既に14回を数え、ポップカルチャーファミリーの広い認知と厚い支持を受けています。

DJ、カメラマン、バーテンダーらを加えたチームによるパーティーはプロフェッショナリズムとDIYメンタリティ、オシャレさとマニアックさが心地よくブレンディング。

逗子の潮風もありつい長居したくなるプライマルでスクリームでバレアリック、「Don’t Fight It, Feel It」な空気感を醸し出しています。

それぞれの仕事をしながら活動を続けるメンバーがその空間感をパッケージした今作『Be Built, Then Lost』は多様なカルチャーが混ざり合うこと、他者を認め合うことの美しさ、その対極にある排他的態度の愚かさを静かに確かにメッセージとして立ち上らせます。

そのメッセージはそれぞれの時代の支配的な考えにカウンターをあててきた、未来を変えようとしたパリの、ロンドンの、ニューヨークの、マンチェスターの、イビザ島の若者たちと共鳴して2019年の今を踊らせます。

「ロックンロールは君の悲しみを消さない。ただ悲しみを抱えたまま踊らせるだけさ」ピート・タウンゼント

8月3日、下北沢THREEで今作のリリース・パーティー『ACID BEACH CLUB』が開催されます。

Haif Mile Beach Club、潮風吹くハシエンダ。そのグルーヴをぜひ会場で感じてください。あなたの街に吹く風が、より心地よく感じられるかもしれません。

We’re gonna have a good time,

We’re gonna have a party!!

Half Mile Beach Clubの『Be Built, Then Lost』をApple Musicで聴く
ライター紹介 吉田コウヘイ
在野にて評論活動修行中。大学では映画と社会運動について研究、論文執筆。アメリカン・ニューシネマ、サマー・オブ・ラヴ、テレキャスター、ウィノナ・ライダーの信仰者。
Twitter:tele1962
Instagram:telecaster0225

口コミする

コメントするには ログイン してください
  購読  
次を通知