『あなたと少しだけ違う癖』 ルー大柴さんインタビュー

LINEで送る
Pocket

ルー大柴さんといえば「トゥギャザーしようぜ!」など英語の混じった独特の「ルー語」をハイテンションであやつる唯一無二のキャラクター。まさに、誰でも知っているタレントの一人だ。

そんなルーさんが2/28(木)〜3/10(日)に中野ザ・ポケットで上演される舞台「あなたと少しだけ違う癖」に主演する。フランス人作家、ローラン・バフィ氏が書いたフランスで大人気のコメディで、TOC(行動の脅迫障害)を持った患者たちが織り成すフランスのウィットに富んだ喜劇だ。今回はルーさんの俳優の顔を少し覗かせていただきました。

ー 今回は二年ぶりの舞台出演だそうですね。

そうですね。実はもともとは俳優がやりたくてこっちの世界にきたんです。タレント業が多いですが俳優としても何年かに一回くらい舞台をやってきました。

ー 演じる時は「ルー大柴」カラーはどうなるんでしょうか?

いやあ、それはもう役に入るので全くないですよ。

ー 今回はフランスが原作の舞台ですがルーさんは老紳士の役ですね。

癖のある老紳士ですね。

ー なんかそれだけ聞くとルーさんともリンクしてしまいますが(笑)

まあ、確かにね!実際、共通点があったりなかったり。それは見てのお楽しみかな。汚言を吐いてしまう老紳士なんですが私はあまりそういう言葉は言わないしね。

ー ルーさんにそういう下品なイメージはないのでその辺も俳優としてのルーさんを楽しめるポイントですね。

そこがキャスティングの理由だったみたい。「ルーさんなら汚言を言ってもリアルに響かないからこの役をお願いしたい」って言われて「あ〜そうなの」って。
普段はちゃんとした老紳士なのに急に汚言を吐いて「あ〜やっちゃった〜」って落ち込んだりとかギャップのある面白い役柄ですよ。最初は少し躊躇しちゃってた自分がいて、もう振り切って言っちゃおうって思ってやってるけどなかなか大変ですね。

ー ルーさんはプライベートで何か言っちゃって「あ〜やっちゃった」って経験はあるんですか?

そりゃあ93年も生きていればいろんなことがありますよ(笑)まあ、でも汚言は普段言わないしね。下ネタもあんまり好きじゃないし、今回の役みたいな感じではないかな。

ー なんとも若すぎる93歳ですね(笑)実力派のベテラン俳優陣が揃う今回の舞台。それぞれのキャラが立つすごいドタバタ劇が期待できます。

みなさんほんと芸達者ですからね。それぞれが違う種類のTOC(行動の強迫性障害)を持っているのでいろんなキャラクターを楽しめますよ。台詞も多いし、掛け合いが多いから一つ外すと大変だし、これからやり取りのリズムを作っていく感じですね。共演の俳優さんたちも「結構ハードだよね」って言ってます。

ー 台詞が多いとのことですがルーさんはどのように台本を覚えるんですか?

いやあ、ベッドで読んだり。まあ、稽古で慣れてはいくんですけどあらかじめ頭に入れておかないとね。

ー アドリブなどは?

まだまだ今の段階では全然!アドリブ入れるような芝居じゃないかな。

ー 今回はフランスの舞台が原作ですが、日本人として「違うな」って思うところはありますか?

あ〜うん、すごくあるね!ムードとかね、なんていうかスマートというか。僕が読んだ感じだとイメージ的にオシャレかな。今回の出演者は外国で留学していた人が多いのよ。だからお芝居もすごく洗練されている感じがします。

ー オシャレで洗練されていながらTOC(行動の脅迫障害)を持った人たち破茶滅茶な人間模様、それを生の舞台で観劇できるのが本当に楽しみです。

舞台は総合芸術だって言われるけど演出、演者、セット、音響とかいろんな角度から様々な要素が入って一つの方向を向いていく。そして一つの舞台が作り上げられていくんだよね。そして本番の舞台上でもちょっとしたことでその時にしか味わえない変化があったり、それが舞台の醍醐味。ぜひたくさんの人にご覧いただきたいです。

弊社社長の吉田(左)とインタビューしたファゴッティストの蛯澤

ー 「聴きこむ」でもトップページに置かせていただいてますので、宣伝の一助に慣れば幸いです。ちなみに弊社のライブエンターテイメントの口コミサイト「聴きこむ」についてはどう思われますか?

とても素晴らしいと思います!やっぱり人の情報量って限られちゃうじゃないですか。自分の趣味や好みってそれぞれありますが、こういう情報が集まったところで「あ〜、行ったことないけど行ってみようかな」っていろんなジャンルに人が行き来して舞台にも興味持ってもらえたりしたら我々演者も嬉しいところです。

ー ありがとうございます。それでは最後にファンの方へメッセージをお願いします。

いつも年齢は93歳って言ってるんですけどね、実際もう65歳になりました。この歳になってこんなキャスティングをされるのはとても嬉しいです。私、最初から役者志望だったんでね。遠回りも色々しましたけどこういうフランスのお洒落な芝居をやらせていただいて非常にハッピーなんでぜひたくさんのお客様にご覧いただきたいと思います。

公演についての詳しい情報はこちら

2月27日(水)の18:00から行われる公開稽古に無料でご招待!!

お申し込みはこちら

口コミする

コメントするには ログイン してください
  購読  
次を通知