クリスティアン・ティーレマン指揮 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
Loading...

LINEで送る
Pocket

出演
指揮:クリスティアン・ティーレマン
ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
曲目
シューマン:
交響曲第3番 変ホ長調 Op.97 「ライン」
交響曲第4番 ニ短調 Op.120
料金
S30,000 A24,000 B18,000 C14,000 D9,000
  • : 2018/11/01 19:00
  • : サントリーホール
  • : https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20181101_M_3.html
  • : 9000
  • : 15,000円~19,999円
  • : 屋内
  • : 着席
  • : 一人で | 友人と | デート | 家族で
  • : 誰でも楽しめる | 玄人向き
  • : 全年齢対象
  • : 男女同程度
  • : カジュアル | セミフォーマル | フォーマル_(正装) | 和服
  • : ドリンク販売あり(アルコールあり)
  • : フード販売あり(おつまみ・軽食のみ)

2
口コミする

ログイン せずにコメントも可能です(投稿名とメールアドレスは必須ではありません)
2 コメントスレッド
0 返信
0 フォロワー
 
もっとも反応があったコメント
もっともホットなコメントスレッド
2 コメント著者
ゲストコメントゲストコメント 最近のコメント著者
  購読  
新着順 古い順 評価順
次を通知
ゲストコメント
ゲスト
ゲストコメント

前日の公演に行った友人が大満足だったそうなので、期待大!!!

ゲストコメント
ゲスト
ゲストコメント

聴いてきました!ティーレマンとドレスデンとなれば、嫌が応にも期待大。どちらも今では数少ないドイツの伝統的な音が出せる存在。今でもドイツ的な音が出せるオーケストラは、こことライプツィヒ・ゲヴァントハウスくらいかな。

前半の交響曲第3番はドレスデンにしては音に艶や厚みがなく、アンサンブルも若干緩い印象。正直、あれ?(とは言っても十分に高いレベルですが、自分の期待が高すぎて。。)と思ったものの、後半の交響曲第4番では第1楽章から先ほどとはすっかり変わり、出だしから弦も管楽器も綺麗な音。艶も厚みもまとまりも出て期待通りの演奏!後ろ髪を引かれながらも、大満足で会場を後にしました。