ピアノヴァイオリンデュオコンサート 『共に、奏る ~Ein Dialog』

「音」で語らう、世界のいま。

国内外で現代の音楽作品の演奏を積極的に行う奏者による、ディープなコンサート。

スロベニア出身の気鋭作曲家 ゼンクの Quasso(日本初演)をはじめ、12音技法を用いて抽象画を描いているような、途切れることのない音楽作品のカーター Duo、ベンジャミン 16-17歳時の意欲作 ヴァイオリンソナタ、そしてラストは「擦れ違いから断絶」や「アルトリ・テンピ」など、多彩多様な世界観を描きつづける稲森のモトゥス・インテルヴァロルム。

「音楽を奏る」とは複数人で演奏するということが圧倒的に多いだろう。そこでは各人が一緒に同じ音を弾くこともあれば、違う音やリズムを合わせることもある。

それらの無限の組み合わせが重なり合い、一つの音楽となる。

各人の音を声に置き換えてみると、それはまるで人と人との対話のようではないか_。

各人の声(音)の集結が一つの世界(音楽)となる。

私たちは対話をし、生きている。声も「音」ということを考えると、『音楽』はそんな私たちの営みの根源なのかもしれない。

20世紀、21世紀に生まれたピアノとヴァイオリンのデュオ曲で、演奏上の難易度などの面から滅多に演奏されることのない、名曲の数々をお楽しみいただきたい。

日時:2022年11月18日(金) 19:00-20:30 (開場)18:30

会場:ベヒシュタイン・セントラム 東京ザール 東京都千代田区有楽町1丁目5-1 日比谷マリンビル B1

チケット代金:大人4,500円/小中高校生2,000円(全席自由) 

当日券・大人5,000円/当日券・小中高校生2,500円

※未就学児のご入場はご遠慮ください

プログラム

  • ニーナ・ゼンク:Quasso (2007)【日本初演】
  • カイヤ・サーリアホ:Tocar (2010)
  • エリオット・カーター:デュオ (1974)
  • ジョージ・ベンジャミン:ヴァイオリン・ソナタ (1977)
  • 稲森 安太紀:モトゥス・インテルヴァロルム (2020)

チケットのご予約:https://mcmd03.peatix.com/

詳細情報

開催日・開演時間2022/11/18 19:00
会場名 ベヒシュタイン・セントラム 東京ザール
会場住所 東京都千代田区有楽町1丁目5−1 日比谷マリンビル B1
ウェブサイト https://mcmd-mi.com/programs-2
メールアドレス official.mcmd@gmail.com
チケットの最低価格 4500
チケットの中心価格帯 3,000円~3,999円
屋内・屋外 屋内
着席
シチュエーション 一人で | 友人と | デート | 家族で
内容の難易度 初心者向け | 誰でも楽しめる | 玄人向き
主な年齢層 全年齢対象
男女比率 男女同程度
服装 カジュアル | セミフォーマル
ドリンク有無 ドリンク販売なし
フード有無 フード販売なし
飲食物持ち込み 不可
写真撮影(公演中) 不可
録画(公演中) 不可
録音(公演中) 不可
証明書の提示(入場時など) 不要
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
購読する
通知する
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
詳細な条件から検索
イベントを探す
開催地
ジャンル
開催日・月
チケットの中心価格帯
シュチュエーション
内容の難易度
服装
アーティストを探す
ジャンル
会場・ホールを探す
会場カテゴリー
都道府県
キャパシティ(スタンディング)
キャパシティ(着席)
使用料目安(1時間当たり)
目次