ウィーン古典派の語法と魅力

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
読み込み中...


LINEで送る
Pocket

ウィーンで研鑽を積んだピアニスト・屋野晴香が、古典派の大作曲家のウィーンゆかりの作品を中心に演奏するレクチャー付きコンサートです。

2019年11月10日(日) 14:30開演  14時開場

演奏&レクチャー 屋野 晴香(ピアニスト)

参加費 3000円 (ワンドリンクとお菓子付き)

主要演目
・モーツァルト:ロンド ニ長調 K.485
・ハイドン:ピアノソナタ  変ホ長調 Hob.XVI/52
・ベートーヴェン:ヴラニツキーのバレエ「森のおとめ」のロシア舞曲の主題による12の変奏曲 イ長調WoO.71 ほか

お申し込み先・お問い合わせ先

smfactory001@gmail.com または入力フォーム
https://sophia-factory.webnode.jp/request/


講師プロフィール

屋野 晴香(やの はるか)

兵庫県立西宮高等学校音楽科及び東京芸術大学音楽学部卒業。ウィーン国立音楽大学ピアノ室内楽科に留学、同大学・同大学院ともに最優秀首席で修了。修士号を取得。さらにポストグラデュエイト課程にて研鑽を積む他、ウィーン大学修士課程で音楽学を専攻。学術的研究にも意欲的に取り組む。これまでにピアノを片岡みどり、岡田敦子、植田定和、アヴォ・クユムジャン、 テレサ・レオポルド、パウル・グルダ各氏に、室内楽をヨハネス・マイッスル、ゴットリープ・ヨハネス・ポコルニー 各氏、歌曲伴奏をデヴィッド・ルッツ、器楽伴奏法をヘルベルト・リュディサー各氏に師事。
ウィーン楽友協会主催の若手演奏家リサイタルシリーズに抜擢され、楽友協会ホールにデビューした他、ヨーロッパ各地でリサイタルに招聘され演奏。2017年より全日本ピアノ指導者協会ピティナ「ピアノ・ステップ」にてステップアドバイザーを務める。2018年度あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール「フェニックス・エヴォリューション・シリーズ」に選出され、ソロリサイタルを開催。2019年1stアルバム《Souvenir》(スーヴニール)をリリース。好評発売中。オフィシャルサイト:www.haruka-yano.com
  • : 2019/11/10 14:30
  • : La Paz ラパス 音楽サロン
  • : 大阪市北区天神橋6丁目3-20 天寿ビル6F
  • : http://lapaz106.com/access/
  • : smfactory001@gmail.com
  • : 3000
  • : 3,000円~3,999円
  • : 屋内
  • : 着席
  • : 一人で | 友人と
  • : 初心者向け | 誰でも楽しめる
  • : 全年齢対象
  • : 男女同程度
  • : カジュアル | セミフォーマル
  • : ドリンク込み料金
  • : フード込み料金
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不要
お問い合わせの際は「聴きこむを見た」とお伝えください

ライブやコンサートなどエンタメの口コミサイト「聴きこむ」

口コミする

コメントするには ログイン してください
  購読  
次を通知