Flute Recital 1945-1949に作られた音楽

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
読み込み中...


LINEで送る
Pocket

【プログラム】

B.マルティヌー:フルートソナタ第1番 H.306
P.サンカン:フルートとピアノのためのソナチネ
H.W.ヘンツェ:フルートとピアノのためのソナチネ
尾高尚忠:アレグロ・コン・スピリト(フルート協奏曲Op.30bより)
A.ピアソラ:3つの小品Op.4
A.ジョリヴェ:フルート協奏曲

戦後、冷戦の時代へ向けて世界地図の色分けがなされる中、それぞれの作曲家の立場や心境の推測を試みてみました。
特にフランスの植民地だった国々に対するジョリヴェ氏の複雑な心境をプログラムノートに綴っていると、この協奏曲をどう演奏するか考える所です。
また対照的に16歳までモロッコで支配する側の人間として育ったサンカン氏。本国フランスへの憧れを募らせる少年時代だったのかも知れません。

未熟な私なりに演奏会まで勉強してみようと思います。

  • : 2019/07/20 14:00
  • : ドルチェ・アーティストサロン
  • : 大阪市北区茶屋町1-1共信梅田ビル
  • : https://takeshi-querfloete.jimdo.com
  • : takeshi.querfloete@gmail.com
  • : 2500
  • : 2,000円~2,999円
  • : 屋内
  • : 着席
  • : 玄人向き
  • : 全年齢対象
  • : 男女同程度
  • : カジュアル
  • : ドリンク販売なし
  • : フード販売なし
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不要
お問い合わせの際は「聴きこむを見た」とお伝えください

ライブやコンサートなどエンタメの口コミサイト「聴きこむ」

購読
次を通知
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments