オーケストラ・ノット第1回記念演奏会

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
Loading...

LINEで送る
Pocket

演奏者間の結びつきを重視し、基礎アンサンブル力を磨きながら、オーケストラ活動をしようという、新しいオーケストラを立ち上げました。第1回記念演奏会にはフランクフルト放送交響楽団の首席クラリネット奏者が友情出演してくれます。また、ピアノ独奏は現役高校生、指揮は現役東京藝大生という若い方々をお呼びしました。

ウジェーヌ・ボザのクラリネット協奏曲は日本初演で、とても技巧的な曲ですが、フランクフルト放送交響楽団の首席クラリネット奏者が素晴らしい演奏を披露いたします。

メンデルスゾーンのピアノ協奏曲第1番は、メンデルスゾーンの若い時代の作品で、なかなか演奏される機会が少ないのですが、現役開成高校生のソリストが若いさわやかな演奏を披露いたします。

リヒャルト・シュトラウスの二重小協奏曲は、弦楽オーケストラ・ハープをバックとして、クラリネットソロとファゴットソロが会話をする、シュトラウス最晩年の作品ですが、今回はファゴットソロをバセットホルンというクラリネット属の楽器で、ハープをピアノで演奏いたします。

プロコフィエフの交響曲第1番は作曲者の若い時代の作品ですが、若い指揮者のもとで、さわやかな演奏を披露いたします。

第2回以降、ウイーンフィルのバイオリニストや、ウイーンのクラリネット奏者等をお招きしての演奏会を企画していますので、是非お越しください。

  • : 2018/06/17 19:15
  • : 杉並公会堂大ホール
  • : 東京都杉並区(JR荻窪駅徒歩5分)
  • : https://www.facebook.com/EnsembleOrchestraKnot/
  • : 無料
  • : 大人数で
  • : 誰でも楽しめる
  • : カジュアル

口コミする

ログイン せずにコメントも可能です(投稿名とメールアドレスは必須ではありません)
  購読  
次を通知