フェスティバルホール音響体験スペシャルツアー

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
読み込み中...


LINEで送る
Pocket

演奏:近藤浩志(大阪フィルハーモニー交響楽団チェロ・トップ奏者)

トーク登壇者:下倉良太(音響学/大阪大学基礎工学研究科准教授)、加藤浩介(音響学/大阪大学共創機構、工学研究科講師)

「天井から音が降り注ぐ」と称えられる音響特性や広壮で充実した舞台設備を有する世界屈指のホールであるフェスティバルホール。その魅力を解き明かすツアー&トークでは、音響学研究者のナビゲートのもと、大阪フィルハーモニー交響楽団チェロ・トップ奏者の近藤浩志さんの演奏を約2500席ある客席を移動して聴き比べたり、専門的解説を通じて、音響空間の奥深い世界と、そこに込められた技巧を掘り下げていきます。

・・・

開催日時・観覧方法

〈実来場〉

日時:2月8日(月)18:30〜20:00(受付・開場18:00)
会場:フェスティバルホール
料金:2,000円
定員:100名(要事前申込・先着順)

お申込みフォームはこちら

〈オンライン配信〉

日時:2月8日(月)19:20〜20:00(トーク視聴のみ)
料金:無料
視聴方法:事前予約不要。開催時間になりましたら、こちらよりご覧ください。
※トークの録音や画面録画はご遠慮ください。
※オンライン上ではトーク視聴のみで聴き比べは体験いただけません。

・・・

登壇者

  • 近藤浩志(こんどう・ひろし)
    大阪フィルハーモニー交響楽団チェロ・トップ奏者。ニューヨークのカーネギーホールや国連会議場等でのソリストとしての活動をはじめ、新日本フィルや大阪フィル、ニューヨークフィル等国内外のオーケストラとも多数共演。指導者として大学での後進の指導にも力を入れている。
  • 下倉良太(しもくら・りょうた)
    専門は音響学。神戸大学学部生時代に残響時間などの時間をデザインするコンサートホール音響学に傾倒し、室内楽の本場イタリアに渡り、伝統的なオペラハウスの研究で博士号を取得。帰国後は地下鉄騒音や補聴器や花火音の研究を経て大阪大学で音声認識・合成の研究を続いている。
  • 加藤浩介(かとう・こうすけ)
    専門は音響学。神戸大学学部生時代に「演奏しやすいホールと演奏しづらいホールは何が違うのか?」などと考え研究者を志す。以来19年、音楽ホールの響きが楽器演奏や歌唱に与える影響などを科学的に研究し、日米欧の音響学会や市民向けの公開講座などで研究成果を公表している。
主催:フェスティバルホール
<新型コロナウイルス感染防止対策について>
  • 1. 実来場での観覧を予定しているプログラムは、今後の感染状況によっては、オンライン配信のみに変更となる場合があります。ご来場の際には、本ウェブサイトにて最新情報をご確認ください。
  • 2. 各会場では、感染防止対策を行った上でプログラムを開催いたします。
  • 3. ご来場のお客様は、以下についてあらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
    • ・マスクを着用されていない方のご入場はお断りさせていただきます。
    • ・万が一に備え、ご来場の皆様には連絡票へ氏名、電話番号、メールアドレスのご記入をお願いいたします。
    • ・体調がすぐれない方、過去2週間以内に発熱等の症状があった方や感染が拡大地域への渡航歴がある方は、ご来場をご遠慮ください。
    • ・ご来場時の検温にて、37.5度以上の発熱が確認された場合は、ご入場をお断りいたします。
  • 2021/02/09 18:30
  • (実来場)フェスティバルホール
  • 大阪市北区中之島2-3-18
  • https://nakanoshimalab.jp/
  • info@nakanoshima-lab.jp
  • 2000
  • 2,000円~2,999円
  • 屋内
  • 着席
  • 一人で | 友人と | デート | 家族で | 大人数で
  • 誰でも楽しめる
  • 全年齢対象
  • 男女同程度
  • カジュアル
  • ドリンク販売なし
  • フード販売なし
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 不要
お問い合わせの際は「聴きこむを見た」とお伝えください

ライブやコンサートなどエンタメの口コミサイト「聴きこむ」

購読
次を通知
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments