アンサンブル・グラツィオーソ

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
読み込み中...


LINEで送る
Pocket

アーティスト情報

2017年末、代表の呼びかけの下、 首都圏の音大生・一般大生を中心に結成されました。 

翌年3月、50名弱のメンバーで記念すべき第一回演奏会を成功させました。 
この演奏会では、モーツァルト序曲「後宮からの逃走」、グリーグ「ピアノ協奏曲」、ベートーヴェン「交響曲第5番」を演奏しました。
ソリストは当時藝大の4年生で、現在世界で活躍する池内堯さんでした。

第2回定期演奏会では
東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターである三浦章宏先生をお迎えしてチャイコフスキーのバイオリン協奏曲を、
第3回定期演奏会では
当時パリに留学していたチェリストの稲本有彩さんをお迎えしてエルガーのチェロ協奏曲を演奏しました。

 年2回の定期演奏会と不定期で開催するアンサンブルコンサートを活動の軸とし、年間を通じて練習を行っています。 



指導者を置かず、代表である粟飯原亮太の指揮のもと個人の感性を大切に、アンサンブルを作り上げております。 

スローガン

「Growth with Orchestra 〜オーケストラと共に成長を〜」

音大生や一般大生で構成されている団員と共に
アンサンブルを基調とした音楽づくりを通じて技術はもちろん、
人としても成長をしていきたいというモットーからこのスローガンは生まれました。 

「アンサンブル」「グラツィオーソ」という団名について

指揮者や指導者の言いなりになる音楽ではなく
「アンサンブル」を大切にし、個人が主体的に考えて全体を作り上げていくこと

 演奏会に関わる全ての方々に
「感謝(Grazie)」を込めて演奏すること

これらの思いを込めてアンサンブル・グラツィオーソという団名は誕生しました。

「Grazioso」の本来の意味は「優雅に、気品をもって、愛らしい」です。
私たちは愛に満ちた優しい音を届けられるよう、日々精進しております。

アンサンブル・グラツィオーソ
YouTube



こちらの処理を実行すると、指定した金額がこのアーティストに対して毎月自動的に支払われます。

金額(円): (金額は100円〜50,000円の間で入力してください)

メッセージ:




こちらの処理を実行すると、指定した金額がこのアーティストに対して一度だけ支払われます。

金額(円): (金額は100円〜50,000円の間で入力してください)

メッセージ:





※聴きこむファンディングをご利用の際は、利用規約に同意の上ご利用ください。
※決済システムはStripe社のサービスを利用しています。上記のボタンをクリック後はStripe社のシステムに遷移します。
※お支払いはクレジットカードのみ受け付けております。


リターンの説明

このアーティストは聴きこむファンプラスに登録していないか、まだリターンの内容を投稿していません。

リターンコンテンツ

このアーティストが聴きこむファンプラスに登録しており、支払いを行っているユーザーがアクセスした場合のみ閲覧可能なリターンコンテンツの専用ページです。

口コミする

コメントするには ログイン してください
  購読  
次を通知