寺本圭佑

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
読み込み中...


LINEで送る
Pocket

アーティスト情報

寺本圭佑(てらもとけいすけ)

京都市出身、横浜市在住。15歳から雨田光示氏にハープを師事。坂上真清氏からネオ・アイリッシュ・ハープを学ぶ。アイルランドやスコットランドでシボーン・アームストロング、アン・ヘイマン、ビル・テイラー各氏から金属弦ハープの手ほどきを受け、失われたアイルランドの伝統楽器の復興に献身することを決意。音楽学を樋口隆一氏に師事し、資料研究の方面からもアイリッシュ・ハープの歴史と真実を追求。

18世紀以前のアイリッシュ・ハープの研究により芸術学博士(明治学院大学大学院)。

1000年の伝統を持ちながら、19世紀末に伝統が途絶えた「金属弦アイリッシュ・ハープ」を専門とし、この楽器の魅力を伝えるため、全国で演奏やレクチャーコンサート、ワークショップを展開。

京都と横浜で金属弦ハープ教室を開講し、のべ250名を超える生徒を指導。小型ハープのための曲集を5冊編纂。

2010年から15年度まで明治学院大学文学部芸術学科非常勤講師として楽器の歴史を教える。

2014年から金属弦ハープの製作にも取り組んでいる。

2015年にはドイツの古楽ハープ製作者エリック・クラインマン氏の元でベーミッシュ・ハルフェ(ボヘミアン・ハープ)を製作。

2016年、京都平野神社の委嘱で京都の桜で製作した金属弦ハープを製作。奉奏ののち奉納し、毎日新聞、NHK等、各メディアに大きく取り上げられる。

2017年、BS-TBS「こころふれあい紀行~音と匠の旅~」第159回「ケルトの音色を現代に」にアイリッシュ・ハープ研究家として出演。ケルトの音色を現代によみがえらせる活動を取り上げられる。

『ケルト文化事典』(東京堂出版)の「ハープ」「オカロラン」等の項目を担当。

講演、メディア出演多数。



こちらの処理を実行すると、指定した金額がこのアーティストに対して毎月自動的に支払われます。

金額(円): (金額は100円〜50,000円の間で入力してください)

メッセージ:




こちらの処理を実行すると、指定した金額がこのアーティストに対して一度だけ支払われます。

金額(円): (金額は100円〜50,000円の間で入力してください)

メッセージ:





※聴きこむファンディングをご利用の際は、利用規約に同意の上ご利用ください。
※決済システムはStripe社のサービスを利用しています。上記のボタンをクリック後はStripe社のシステムに遷移します。
※お支払いはクレジットカードのみ受け付けております。


  • : 1980年4月24日
  • : 男性
  • : 京都市
  • : アイリッシュ・ハープ奏者、研究家、製作者、教師
  • : アイリッシュ・ハープ
  • : https://teramotokeisuke.com/

リターンの説明

このアーティストは聴きこむファンプラスに登録していないか、まだリターンの内容を投稿していません。

リターンコンテンツ

このアーティストが聴きこむファンプラスに登録しており、支払いを行っているユーザーがアクセスした場合のみ閲覧可能なリターンコンテンツの専用ページです。

口コミする

コメントするには ログイン してください
  購読  
次を通知