KOUDELKA(クーデルカ)

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 5 点中 0.00)
評価を行うにはログインする必要があります
Loading...

アーティスト情報

KOUDELKA(クーデルカ)

山梨大学軽音部にて、2014年6月小林レオナとReiyaを中心に結成。
2016年2月より現体制になる。
[悲観.憎悪]をテーマとした、重々しい空気と情緒不安定で激しく時に切ない感情的な表現で、
県内外にその独特な世界観を放つロックバンドとして注目され活躍中。
2018年3月に待望の1stアルバム「pessimist」を発売。
2018年10月5日に同作品で全国リリースを果たす。

【Member】
Dr.軽部 / Ba.大吾 / Gt.太輔 / Gt.Reiya / Vo.小林レオナ

「pessimist」

KOUDELKA(クーデルカ)

[収録曲] 1. Behind the Quiet 2. pessimism 3. Fixed game 4. RORO 5. Sludge 6. Nymphet of Paraphilic Heterotroph 7. Happy ignorance & abuse 8. 憧憬 9. Adore 10. Torture 11. Acrobatic Sex Party 2018年10月5日発売 品番:KDLK-0002 価格:2,000円(税抜) 流通:アドニス・スクウェア 販売:オーセンティックレコード 楽曲を制作するのは、主にボーカルの小林レオナが歌詞を書き、メンバーが作曲などを行っている。 ビジュアルやグッズなどにも小林のプロデュース力が光り、小林の世界観が濃厚に出ているバントと言えるのである。 彼の妖艶でミステリアスなルックスの中に、どことなく儚さや弱さのようなものを感じてしまうのだが、 そんな彼の心の中を吐き出すかのような歌詞が印象的だ。 彼の中にある悲観や憎悪というものは、自分が生きている事や人を愛する想い、夢を描くという行動が、 人を結果的に傷つけてしまうという事に深いジレンマを感じているというところが発端のようだ。 それは杞憂ではないか、と思う人も多いだろうが、彼は都度それを受け取ってしまう人間のようだ。 そしてそれを歌詞に綴る時、彼はそこに自らの想い全てを吐き出していく。 時に暴力的に、時に涙を流し、時に叫び声をあげるかのように。 それらの強烈な感情は、聴くものの心に見事に引っかかっていくのだ。何故って全力だから。 彼等はまだ若く、悲観や憎悪というけれどもその思いは常に全力で、誰の心にもその瞬間があった事を思い起こさせる。 夢に突き進むことも、愛を貫く事も時に残酷で、その残酷さを知るからこそ、彼等の歌にもきっと共鳴する事が出来るだろう。


こちらの処理を実行すると、指定した金額がこのアーティストに対して毎月自動的に支払われます。

金額(円): (金額は100円〜50,000円の間で入力してください)

メッセージ:




こちらの処理を実行すると、指定した金額がこのアーティストに対して一度だけ支払われます。

金額(円): (金額は100円〜50,000円の間で入力してください)

メッセージ:





※聴きこむファンディングをご利用の際は、利用規約に同意の上ご利用ください。
※決済システムはStripe社のサービスを利用しています。上記のボタンをクリック後はStripe社のシステムに遷移します。
※お支払いはクレジットカードのみ受け付けております。


  • : 2018年10月全国リリースデビュー
  • : 男性
  • : 山梨県
  • : https://koudelka.jimdofree.com/

リターンの説明

このアーティストは聴きこむファンプラスに登録していないか、まだリターンの内容を投稿していません。

リターンコンテンツ

このアーティストが聴きこむファンプラスに登録しており、支払いを行っているユーザーがアクセスした場合のみ閲覧可能なリターンコンテンツの専用ページです。

口コミする

ログイン せずにコメントも可能です(投稿名とメールアドレスは必須ではありません)
avatar
写真の投稿
 
 
 
動画・音声の投稿
 
 
 
  購読  
次を通知