ナポリのサルヴェ・レジーナ

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5 (1 投票, 平均点: 5 点中 5.00)
評価を行うにはログインする必要があります
読み込み中...


LINEで送る
Pocket

”ナポリのサルヴェ・レジーナ”

2019年7月9日(火)18:30 開場 19:00開演
東京オペラシティ3F 近江楽堂(京王新線初台駅)

 カトリックの聖務日課の結びに歌われるアンティフォナの一つ「サルヴェ・レジーナ」。古くから多くの作曲家がサルヴェ・レジーナを書き残しています。モンテヴェルディ、スカルラッティ、ハッセ、ガルッピ、ペルゴレージ、ハイドンらの名曲の中で、とりわけ音楽の美しさが際立っているのが、イタリア・ナポリの天才ニコラ・ポルポラの「サルヴェ・レジーナ」。オペラ作曲家として頭角を表したポルポラは、ファリネッリら名カストラートを育てたことでも有名で、ロンドンではヘンデルの強力なライバル、ウィーンではハイドンの師匠としてもその存在感を発揮していました。対して、ヘンデルのモテットは若きイタリア時代の傑作の一つで、なかでも3曲目”O nox dolcis” adaggissimo e pianissimoの静謐な美しさは、バロック時代のあらゆる音楽の中でも群を抜いています。ソプラノ阿部早希子と、NHK-FM「古楽の楽しみ」でもおなじみ鍵盤の渡邊孝、チェロ懸田貴嗣らイタリア音楽のエキスパート達による特別公演。ポルポラと同じナポリの異才レーオのチェロ協奏曲も絶品。真夏の近江楽堂がイタリアの小さな礼拝堂に変わるひとときをどうぞお楽しみください!

出演者:
阿部早希子(ソプラノ)
廣海史帆、池田梨枝子(ヴァイオリン)
中島由布良(ヴィオラ)
懸田貴嗣(チェロ)
渡邊孝(チェンバロ)

A.Vivaldi ヴィヴァルディ
モテット「まことの安らぎはこの世になく」から
Motetto per Soprano e archi
“Nulla in mundo pax sincera” RV630

N.Popora ポルポラ
サルヴェ・レジーナ ヘ長調
Salve Regina a voce sola con strumenti in Fa maggiore (1730)

L.Leo レーオ
チェロ協奏曲 ニ短調
Concerto per violoncello solo e archi
in re minore L.60 (1738)

G.F.Handel ヘンデル
モテット「大地が容赦なく荒れ狂おうと」
Motetto per Soprano e archi
“Saeviat tellus inter rigores HWV240

前売:4000円  当日:4500円
チケット予約&お問合せ:
ムジカキアラ TEL 03-6431-8186(平日10:00 ~ 18:00)
E-mail : info@musicachiara.com

その他チケット取扱い:
チケットぴあ TEL 0570-02-9999 《Pコード:152141》
東京古典楽器センター TEL 03-3952-5515

後援:日本イタリア古楽協会、エクス・ノーヴォ室内合唱団

  • : 2019/07/09 19:00
  • : 東京オペラシティ・3F近江楽堂
  • : info@musicachiara.com
  • : 4000
  • : 4,000円~4,999円
  • : 屋外
  • : 着席
  • : 友人と | デート | 家族で
  • : 誰でも楽しめる
  • : 全年齢対象
  • : 男女同程度
  • : カジュアル
  • : ドリンク販売なし
  • : フード販売なし
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不可
  • : 不要
お問い合わせの際は「聴きこむを見た」とお伝えください

ライブやコンサートなどエンタメの口コミサイト「聴きこむ」

口コミする

コメントするには ログイン してください
  購読  
次を通知